良寛禅師琵琶伝 中村鶴城    6月23日

中村鶴城師の琵琶伝を聴きにトッパンホールに行ってきた。
 中村鶴城師は毎年6月にトッパンホールで琵琶のリサイタルを開いてきた。今年も同じ会場で開いたのだが、今年は「リサイタル」と言わないで「琵琶伝」としたことについて次のように書いている。

 「鎌倉時代の絵巻に、『一遍上人絵伝』という傑作があります。一遍上人の教化遍歴を絵と詞書によって表したものです。良寛の創作に打ち込んでいたとき、ふと何気なく、この絵伝のことが思い起こされ、「絵伝というものがあるなら、琵琶伝があってもいい」と思いました。それを琵琶語りに置き換えてみるとー物語の展開は、現代語による朗読を基調とすることによって理解してもらい、その中に従来の文語の琵琶歌を織り込めばいいのではないか。つまり、叙事性を得意とする朗読と、叙情性を得意とする琵琶歌という音楽を組み合わせる。そうすれば、相互に補い合いながら変化も生まれ、琵琶歌の魅力を残しつつ、しかも伝えたいメッセージを十分盛り込んで物語を語れるのではないか。『良寛禅師琵琶伝』は、良寛の生涯を、現代語による朗読と、文語による古典的な琵琶歌によって、解りやすく、しかも詩情豊かに綴ることを試みるものです。」

このように書かれていることでも分かるように、今回の公演は大変分かりやすいものだった。

内容は次の五段から成っている。
@ 虎岸ヶ丘のわかれ(出生から22歳まで)
A 一衣一鉢の道者(22歳で出家し34歳まで)
B 真の人(39歳でふるさとに帰り69歳まで)
C 拈華微妙の恋(69歳で貞心尼に出会ってから73歳まで)
D 野辺の送り(74歳で没)

 各段とも最初は琵琶歌で始まる。
 良寛の歌で始まるとき、鶴城師の詩で始まるときといろいろだが歌から始まり、語りへと移っていった。

 
    中村鶴城師

この写真は黒の紋付姿だが、当日は白い紋付袴姿だった。
舞台には黒い布が敷かれ、黒い漆塗りの譜面台が置かれた前で語りと演奏をされた。

トッパンホールはほぼ満席で師の語りを聴く人の中に若い人が多いのが印象的だった。もちろん、中年の婦人姿が一番多かった。和服姿の婦人達は会場を華やかにしていた。
 鶴城師は語りと歌の組み合わせを「絵伝」に例えたが、私は「浪花節」を連想した。

 語りが入ることにより、私には聞きやすくなり、琵琶に対する親しみが湧いてきただけでなく、歌の部分が集中して聴けたような気がする。

 鶴城師は毎年新しい試みに挑戦し、新しい境地を切り開いている。これは並みの努力ではできない試みで、私は本当に頭が下がる。ところが、このようなすごい日本楽曲の作曲者・演奏者であるにもかかわらず、放送などでは取り上げられないのが残念でたまらない。


BACK NEXT 通信一覧