福田首相辞任    2008年9月2日

 昨夜、福田首相が突然辞任した。9時のニュースの途中「ただいま福田首相が辞任の意思を固めた模様です。9時30分から記者会見をするそうです」というコメントが入り、以後はそのニュースで埋められた。

 会見の要旨は省くが、私はその理由がおおむね納得できた。
 古舘伊知郎や野党のコメントは「国会開会前の時期の突然の辞任は無責任である」と言うものだった。だが、私に言わせれば、この辞任は自民党政権が「経済失速」「物価高騰」「アメリカ追従」「閣内問題」などにより追い詰められた結果なのだから、野党は「福田が辞任するのは当然だ。我々の追及が首相を辞任に追い込んだ」と胸を張っても良かったのではないだろうか。これまで散々「福田は首相の資格なし」と言いながら、首相を辞めると言ったら「やめるのは責任放棄だ」と言うのはつじつまが合っていない。

 福田首相は会見の中で「野党の皆さんの協力を得て懸案を解決しようと努力したが、いたずらに時間が空転し、思うような国会審議が出来なかった」と述べ、この時期に辞任した理由を「私が続けてうまくいけばいいが(それは無理で)、国会がうまく機能しないことが予想されるので、辞任して他の人にやってもらう」と言っていた。

 福田首相は今のままだと、国会は野党の抵抗で実質審議に中々入れないし、入っても思うような結果を出すことができない、と予想していたようだ。私はこの予想は当たっていたと思う。したがって、この時期の辞任は彼なりには筋の通ったものであると思う。

 1ヶ月前の内閣改造時は何とかやれると思っていたようだが、無理だと思うようになったのは、「太田農水大臣の事務所費問題」からだろう。太田は大口をたたいているが、事務所経費を精査するならば必ず問題が出てくるに違いない。第一、隣に住んでいる大学の先生がブログに「大屋さん(太田農水相の事務所の持ち主)以外の人がこの建物に出入りするのを見たことがない」と書いているではないか。領収書があるといっても、その中身は費用の一部であり、全部ではない。したがって、本格的に追求されれば必ずほころびガ生まれることは間違いなかった。
 公明党の要求や、自民党内部からの辞任要求なども大きな要素ではあるが、国会審議の空転と言うことになれば太田問題は確実にその条件を満たしていた。

 昨夜の放送や今朝の新聞を見ても太田問題の持つ重さが書いてないには驚いた。なぜなのだろう。

 私は福田首相を比較的好意的に見ていた。中国との関係は胡錦涛主席の訪日や福田首相のオリンピック開会式出席や靖国神社参拝否定により確実に前進していた。例えば、毒入り餃子問題をとってみても解決の方向に動き始めていたし、海底石油問題も合意ができた。北朝鮮問題も拉致問題を広い視野から解決しようとしたことにより、解決への前進がみえてきた。少なくとも曲面が、変化し始めた。韓国との関係も竹島問題でつまずいたが、福田としては学習指導要領の解説に「領土問題について両論がある」と書かせたのはむしろ韓国への配慮をしたからだと思う。総じてアジア外交では「友好姿勢」が定着し始めたと言える。

 もちろん限界はたくさんあり、年金問題や物価高騰問題、ガソリンの高値、医療問題などは先が全く見えないのが現状である。対アメリカでは「イラク沖の給油継続問題」や「基地移転問題」、「思いやり予算問題」などどれをとってもほとんど何の成果もなかったが、これは現在の自民公明政権では福田でなくともできなかっただろう。

 福田のあとは麻生と言う声が多い。麻生は右翼であり、炭鉱主であった。彼がなれば中国や韓国との問題が起きるような気がする。それより、国内での憲法問題をはじめ、右翼的な傾向が増大する。

 民主党の小沢一郎は危険な男だと思う。それがはっきりと表れたのが「大連立構想」だった。あの時はつぶれたが、かれはその案を誤りだったとは言っていない。もし、次回の選挙で民主党が勝ったなら、自民党以上に危険な政府ができるのではないかと危惧している。大連立構想が破綻したときの民主党の対応はひどかった。小沢に引き続き党首になることを懇願し、それまでの行動をすべてを「お咎めなし」にした。従って、大連立構想は小沢の中では死んでいないし、民主党の中でさえ誤りだと決定されていない。

 政界再編成を視野に入れて「憲法改変」勢力が手をにぎってくるとそれこそ危険極まりない。


BACK NEXT 通信一覧