落ち葉の季節       2008年11月13日

 この季節になると木々の葉が色づき美しくなる。最初に紅葉したのは美術館の庭の「やまぼうし」だ。他の木の葉がまだ緑色なのに「やまぼうし」の葉は赤く色づき始め、この頃は真っ赤輝いている。自宅の庭のやまぼうしは橙色になる。半透明に色づいたやまぼうしも実に美しい。

 赤くなるのはやまぼうしだが、黄色く紅葉した葉もある。木の名前は知らないが、毎年黄色く色づき楽しませてくれる。その下にやつでが植わっているが、こちらは緑の葉をつけて白い花を咲かせている。


玄関先のやまぼうし 黄色い葉をつけた木

 数日前から落ち葉を集めている。中尾山に行き道に落ちている落ち葉をかき集めてきては腐葉土にするため囲いにいれて踏み固めている。去年買った「ぼて」を車に積んでいって、集めた落ち葉を入れてくる。
 昨日は御厨公園に行って集めてきた。公園には広葉樹の葉がぎっしりと積もっていたから、ぼては10分もしないうちに一杯になった。美術館の庭の葉も写真のように落ち始めたので、明日からは自宅
の落ち葉を集めることにしたい。


 腐葉土は庭の隅の畑に入れたり美術館の前の花壇に入れる。有機肥料を畑に入れて土を肥やそうと思って腐葉土つくりを朝の仕事にしている。こういう仕事をするのが楽しくなったのは私が老いたからに違いない。


BACK NEXT 通信一覧