原発は再稼働するか?   2011年6月7日

 海江田万里が佐賀県庁を訪れ、知事に玄海原発再開を要請した。知事は反対を言わなかった。玄海原発のある町は九電社長に原発を認める態度を示した。

 九州電力は先日原発再開についての公開説明会をもったが、その時九州電力はやらせメールを打たせたことがあきらかになった。

以下、五十嵐仁「転成仁語」より引用
  「本件は我々のみならず協力会社においても極めて重大な関心事であることから、万難を排して対応に当たることが重要と考えている」
 「ついては関係者に対して説明会開催を周知いただくとともに、可能な範囲で当日ネット参加への協力を依頼するようお願いする」
 「説明会ライブ配信のウェブサイトにアクセスの上、会の進行に応じて発電再開容認の一国民の立場から、真摯に、かつ県民の共感を得るような意見や質問を発信」
 「なお、会社のPCでは処理能力が低いこと等から、是非、ご自宅等のPCからのアクセスをお願いする」

 これは、九州電力が「国主催の佐賀県民向け説明会へのネット参加について」という表題で「協力会社本店 各位」にあてたメールの概要です。この「やらせメール」問題は、昨日の衆院予算委員会で共産党の笠井亮議員が指摘しました。
 
 町長が原発再開を認めた根拠は「会社が万全を期すことを約束した」「国が安全を保障した」からである。
 佐賀県知事の発言も「国が安全を保証した」事をもって「安全が確保された」としている。これでは福島原発事故以前と何一つ変わっていないではないか。佐賀県民も舐められたものである。いや、もしかしたら、佐賀県民自身(多数)が「国が保証」すれば再開を認めてもいいと思っているのかもしれない。

 だが、3・11以前の発言と今回の発言は同じことを言っても同じではないだろう。事故があり、その被害が途方もないことを知った上での発言だからである。絶対安全と言いながら、安全でなかったことが証明されたあとの発言だからである。福島で事故が起きる前、政府も東電も「原発は絶対安全」と保証していた。彼らは彼らなりに安全対策を施し、万全を期していたはずである。にもかかわらず、事故は起きたのである。

 にもかかわらず、事故直後のこの時期に「国が安全を保証したから安全が確保された」とは呆れた話である。知事がこのような発言をしても袋叩きに合わないのは国民(県民」の民度が低いからだろう。それを知っているから知事はこのような発言をするのだ。その裏には、知事とそれを支持している仲間は必ずうまい汁をすっているに違いない。


 

BACK NEXT 通信一覧